通販で銀行印を購入

実印というものは、住民登録をしている市町村の役所に印鑑登録を行なったハンコのことを言います。 申請を受理されたはんこであれば全て実印と呼ぶことが出来てしまうのです。一般的には印影のサイズが8mm以上~25mm以内とされています。規定に合っていていれば、素材や形などは基本的に自由であり、更に実印と銀行印の違いは、単に「役割」の違いと考えていいでしょう。

銀行印が金融機関において本人を証明するためのものであり、実印は法律上において本人の責任を明確にするものと考えてください。一般的には、法的な効力が最も強い実印が、一番私達の中で大事な印鑑ということになります。ですから銀行印との併用は出来る限り避けるべきと考えてください。

今、様々な銀行印をインターネットの通販ショップで購入することが出来ます。選び方が簡単で注文もしやすく取りに行く必要もありませんし、「すぐに到着した」、「様々な印鑑が手に入る」など評判は上々です。価格が比較して安いというのもインターネット通販の方でほとんどのケース、お店の家賃や広告宣伝費、人件費を抑えることが出来るので実現出来ることです。

でも印鑑だからこそ、インターネット通販はちょっと……と思っている人たちもいるかもしれないですよね。それは、信頼性の低い企業を使うことが問題なのではないでしょうか。それは印鑑以外のどのお店にも通じることであり、みなさんは、しっかり優良業者と向きあえば問題は解決出来るはずです。