様々な銀行印

銀行印は、みなさんの財産を守ってくれる大切なものです。 悪用されるのを防ぐためにも、他の印鑑との併用をしないようにということです。そのようなルールをしっかり守らないことには相当なリスクを背負ってしまうことになります。

今現在、それぞれの銀行印を一緒のものを併用している人たちもいますが、理想はそれぞれの銀行ごとに銀行印を用意し変えることです。ただし、そのようにいろいろな銀行で印鑑を使い分けると、どの銀行にどの印鑑なのか判らなくなってしまう欠点はあるかもしれません。でも、大事な財産を守るために、そのような行為は仕方のない行為と考えるべきです。

それでも5箇所銀行があって、5個別々の印鑑というのもちょっと大変に思えますので、インターネット通販などではたくさんのカラフルな素材のはんこが販売されていますので、そのようなカラフルな印鑑に注目して区別してみてはどうでしょうか。通販ショップには、木材だけではなく、金属製の印鑑やデザインがカラフルな印鑑などをいろいろと見付けることが出来ます

更にもしも印鑑が判らなくなってしまった場合には、金融機関に行けば、複数ある印鑑の中からどれが登録した銀行印なのかを判別してもらうことも出来ます。はっきりと言えばもう敢えてそこまでして自分の財産を管理しなければならない時代なのかもしれません。